福祉用具を使って安全に入浴しましょう

入浴は毎日の暮らしの中で大きな楽しみのひとつです。
しかしながら、浴室は床が滑りやすく、また浴槽へのまたぎ動作など不安定な姿勢を取ることも多いため、転倒などの事故が心配される場所でもあります。
入浴動作の負担を軽くしてくれる入浴用品を選び、安心して快適な入浴ができる環境を整えましょう。

一人で入浴する際におすすめの入浴用具

  1. バスボード
    • 浴槽のまたぎが不安な方におすすめです。ボードの上に腰掛けてから浴槽内に移動し、ゆっくり入浴することができます。
  2. シャワーチェア
    • 浴室での立ち座りが楽になる福祉用具・介護用品です。肘掛けが跳ね上がったり座面が回転するタイプもあり、用途に応じて選べます。折りたたみができるタイプもあります。
  3. 浴槽内いす
    • 浴槽が深くてまたぎが大変な際に使用します。そのまま浴槽内で腰掛けることで、立ち座りも楽になります。
  4. 浴槽用手すり
    • 浴槽の縁に取り付ける手すりです。浴槽内で姿勢が不安定な方は内グリップが付いたタイプをおすすめします。

介助されて入浴する際におすすめの入浴用具

  1. 座面シートが昇降するリフト
    • 浴槽に設置するタイプの入浴用リフトです。シート部分が昇降することで、浴槽内の立ち座り動作をサポートし、浴槽への出入りを安全におこなうことができます。
  2. つり具が必要なリフト
    • 介護保険で利用できる入浴用リフトは、床や壁にネジや釘を使用しないので、簡単に設置することができます。
  3. シャワーキャリー
    • 居室で脱衣してから、浴室に移動し、そのままシャワーを浴びることのできる福祉用具・介護用品です。シャワーキャリを使用することで、浴室での車いすからの乗り換えが不要になり、介助負担が軽減されます。
  4. 入浴用介助ベルト
    • 入浴の際に、持ち手のついたベルトを介助を受ける方に装着することで、立ち上がりや移動の介助が楽になります。
  5. 簡易浴槽
    • 浴室まで移動が困難な場合はお部屋の中で入浴できる簡易浴槽という福祉用具・介護用品もあります。

入浴前に環境を整えましょう

浴室に入る際に段差などがあり、敷居をまたぐことが難しい場合には、すのこを敷きましょう。浴槽の深さを調節する浴槽内すのこもあります。